デンマーク人の栄光・アグナー・クラルプ・アーラン

アグナー・クラルプ・アーラン(Agner Krarup Erlang、1878年1月1日 – 1929年2月3日)は、デンマークの数学者・統計家・技術者。通信トラヒック工学および待ち行列理論の開祖である。アーランはセフレユトランド半島のTarmに近いLønborgで生まれた。父は小学校教師であり、また母方の先祖には数学者トマス・フィンケがいた。彼は幼い頃から、本を逆さにして読むことができるなど、その潜在能力を示していた。彼は14歳のとき、入学人妻年齢に達していなかったために特別措置を受け、コペンハーゲン大学の入学予備試験を優秀な成績で合格した。その後の2年間は父のそばで教鞭をとった。遠縁の親族が食事と部屋の世話をしてくれることになり、彼は1896年にコペンハーゲン大学の入学試験を受け、優秀な成績で合格した。大学の奨学金も獲得した彼は主に数学を専攻したが、天文学や物理学、化学も学んだ。1901年、彼は修士号を取得して卒業し、その後7年間はいくつかの学校で教壇に立った。彼は引き続き数学を専門とし、コペンハーゲン大学に投稿したある論文で賞を得たこともあった。

Comments are closed.